エクステリアの基礎知識
エクステリアの基礎知識
いざ探し始めて、エクステリア業者の多さに驚かれる方も多いでしょう。「~エクステリア」
「~外構」「~造園」と数多くの業者があふれています。
エクステリアの業者やプランを考える前にまずは、良質なエクステリア造りのための基礎知識、
よくある疑問を徹底解説致します。

外構工事を検討中のお客様の中でも、初めから明確なご予算を告げる方は、実は一握りしかいません。
初めてのエクステリアで、どれほど予算が掛かるか分からないというのも理由ですが、費用を安く抑えたい、納得のいくプランをまず見たい、等の理由で敢えて低めに告げたり、高めに伝えたり……

  これは外構プランの作成で、失敗しがちなケースです。

お客様は「高くされないように」、あるいは「いいプランを出してほしい」など、それぞれの理由により予算を明確にされないのですが、「100万~300万円の範囲内で良質な外構工事を行ってほしい」とお願いをして、「幅広く金額を設定したので、良い提案をしてもらえる」と思っていたら、それは間違いです。
業者側からすると「工事費用が明確に決まっていないため、使用する材料や行える工事内容を明確化することができない」といえます。

他にも、先に述べたお客様が300万円出してもいいものが欲しいと思っていた場合に、100万円のプランを出せば、「がっかり」なプランになってしまいます。逆に200万円くらいに費用を抑えたいと思っていれば、300万円のプランを出されても「高いな」と思われて安く提案した業者を選ばれるでしょう。
とはいえ、何も分からない状態で予算を決めるのは難しいというのも確かです。まずは業者へ相談して、大まかな金額を確認しましょう。このとき、希望を明確に伝えておくことで、予算内にて望み通りの外構を手に入れることができます。

ご相談の際に予算を決めるのも良いでしょう。そもそも、予算が300万円だとしても、300万円ピッタリの見積もりが出来るわけではありません。 相談時に「大体いくら位掛かるか?」など金額に関してもある程度確認し、その上で「予算は〇〇万円でプラン提案してください」とプラン提案を依頼すれば、予算に近い金額で提案してもらえるはずです。 特に相見積を取る場合に、それぞれの会社でプランを比較されたいのなら、同じ予算でプランを提案してもらうのがベストです。

プラン相談
お見積りまでの流れ プラン相談
お見積りまでの流れ
お問い合わせ・見積もり 現場見学のお申込み 無料相談の予約
フルフィルスタイルのあゆみ フルフィルスタイル採用情報 フルフィルスタイル川越設計室


エクステリア ガーデンの専門校だから就職率の高さを誇る実践的な講座が特徴です。 E&Gアカデミー