もっといい解決方法が必ずある!
お施主様からのご要望に、真摯にお応えしてきたノウハウの蓄積はおかげさまで4,000棟を超えました。
傾斜地におけるシャッターやガレージの設置、超ロング柱のカーポートや、屋根形状特殊納まり等の問題解決事例をご紹介します。

Case.1 世田谷区尾山台 O様邸

傾斜地だけどシャッターが欲しい!!

正面道路が坂道のO様邸は左右で高低差が1000m以上ありました。O様邸のような特殊形状の土地ではどうしても自分たちの要望を優先するよりも、立地条件を優先したプランになってしまいがちです。

O様ご夫妻は弊社のシャッター事例(下:足立区M様邸)をご覧になり、プランイメージはすぐに決められたのですが、『傾斜地』という特殊形状立地が問題となりました。
そもそも、シャッター、ハンガーゲート、引戸門扉、4折戸門扉等のクローズ商材はその殆どが傾斜地には設置不可で水平取付とメーカーが謳っています。
傾斜地でのクローズはその時点で多くの業者で取付不可となってしまうのは、仕方がないのかもしれません。

しかし、その要望を満たすために、どのように問題解決するのか、私たちは常に考え続けています。
傾斜地に何故設置できないのか、構造から検証し、どうしたら設置できるのか、特注対応できないのか、メーカーと協議、交渉を重ねひとつずつ問題をクリアしていきます。

最終的に、メーカーの特注対応は難しく現場加工、現場での施工調整となりました。
メーカーの保証(1年)は保証対象外となってしまいますが弊社の施工保証(2年)でO様もご納得頂き、傾斜地へのシャッター設置を行いました。
施工事例
プラン相談
お見積りまでの流れ プラン相談
お見積りまでの流れ
お問い合わせ・見積もり 現場見学のお申込み 無料相談の予約
フルフィルスタイルのあゆみ フルフィルスタイル採用情報 フルフィルスタイル川越設計室


エクステリア ガーデンの専門校だから就職率の高さを誇る実践的な講座が特徴です。 E&Gアカデミー